LINEモバイル 提供開始、月額500円からのLINE使い放題の格安SIMサービス、料金プランや特長まとめ

スポンサーリンク

月額500円からのLINEモバイル開始

line-mobile

LINE(ライン)株式会社は、格安SIMサービス「LINEモバイル」を9月5日より受付開始すると発表しました。14時から2万件限定で先行受付されます。

LINEモバイルとは

LINEモバイルは、LINEモバイルは、LINEがつくる新しいMVNO通信サービス(格安SIMサービス)でNTTドコモの通信網を利用したサービス。NTTドコモ・ソフトバンク・auなどキャリアと比べてはるかに格安で、電話通信料金を安くせ節約することができます。

LINEモバイルで購入した端末か、SIMフリーのスマートフォン、NTTdocomoの端末があれば 利用することができます。

データ通信のみ場合LINE使い放題で月額500円、090音声通話をプラスした場合、LINE使い放題・高速通信1GB分がついて月額1200円で、現時点では格安SIMサービスの中でも最安のDMMモバイルの1GBプラン1260円より安くなっています。

LINEモバイル料金表

LINEフリープラン(LINE)

データ通信のみの場合は月額500円、090の音声通話セットの場合は月額1200円となります。

line-mobile-2

コミュニケーションフリープラン(LINE、Twitter、Facebook)

データ通信+SMSの場合は月額1100円から、090の音声通話セットの場合は月額1690円となります。

line-mobile-3

LINEモバイルの料金は月額500円から

8千円くらいは支払う必要のある携帯キャリアと比べてLINEモバイルの料金は500円からと安く、2つの料金プランもシンプルでわかりやすくなっています。

※音声通話料金は20円/30秒です。
※当月使いきらなかったデータ容量は翌月まで繰り越してご利用いただけます。
※高速データ通信残量が無くなると最大200kbpsの通信速度になります。ただしカウントフリー対象の項目は高速データ通信することができます。

LINE使い放題で500円の「LINEフリープラン」

月額500円で、LINEの通話・トークが使い放題プランです。高速通信量は1GBで使い切った後は、通信速度が200kbpsに制限されるが、カウントフリー(無料利用)の対象はそのまま高速で利用できる。090の音声通話を利用する場合は月額1200円からとなる。

カウントフリー機能とは、一定のデータ通信をデータ通信利用容量のカウント対象外とする機能で、「LINE LIVE」など一部の機能以外は無料で利用できる。

line-mobile-4

「LINE」の利用におけるカウントフリー(無料利用)対象表
トーク機能のご利用
・テキスト及び音声メッセージの送受信
・スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信
・無料通話、ビデオ通話
タイムライン機能のご利用
・画面閲覧、投稿(画像、動画含みます。)
その他のご利用
・スタンプ、着せ替えのダウンロード
・アカウント設定に関わるご利用
・友だち一覧画面の表示、友だち追加
・「その他」画面の表示

LINE、Twitter、Facebookが使い放題の「コミュニケーションフリープラン」

月額1110円から3220円で、「LINE」「Twitter」「Facebook」が使い放題プランです。高速通信量は3GBから10GBで使い切った後は、通信速度が200kbpsに制限されるが、カウントフリー(無料利用)の対象はそのまま高速で利用できる。

line-mobile-5

「Twitter」「Facebook」の利用におけるカウントフリー対象表
Twitter
・タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
・「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
・メッセージ機能のご利用
・プロフィール編集
Facebook
・タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
・「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
・プロフィール編集

LINEの年齢認証が可能

LINEモバイルが、他の格安SIMサービスに無い特徴として、大手通信携帯キャリアしかできなかった、LINEの年齢認証が利用可能ということが挙げられます。

大手通信携帯キャリアで対応しているように、LINEのID検索もLINEモバイルならご利用できます。また、SMS付きではないプランの方でもSMS登録無しでLINEのアカウントを作ることができます。

LINEポイントがもらえる

月額基本利用料の1%分のLINEポイントが毎月貯まり、貯まったポイントでLINEスタンプなどのLINE内コンテンツを購入することが可能です。

スマートフォンとのセット販売も

SIMフリースマートフォン・タブレットも販売されます。低価格な端末から最新防水端末まで。面倒な設定いらずで、電源を入れればすぐに使える状態で届けられます。

提供される端末は、富士通製「arrows M03」、ファーウェイ製「P9 lite」、ZTE製「Blade V7 lite」と「Blade E01」、ASUS製「ZenFone GO」「ZenPad 7.0」でLINEモバイル独自の端末はありません。

AQUOS mini SH-M03 発表、小型高性能のSIMフリースマホ、価格49800円、4.7型、スナドラ808搭載
シャープ SIMフリーのAQUOS mini SH-M03 発売 シャープは、4.7インチディスプレイ搭載の小型SIMフリ...
arrows M03 発表、防水防塵対応のSIMフリースマートフォン、ドコモ系・au系SIMで利用可能【格安SIM】
エントリークラスのSIMフリースマホ arrows M03 発表 SIMフリーのスマートフォン「 arrows M03 アローズ ...
富士通 防水防塵のSIMフリースマホ「arrows M02」 発表、5インチ、ATOK搭載、FeliCa対応、MIL規格準拠
富士通 防水防塵のSIMフリースマホ「arrows M02」 発表 富士通は、SIM ロックフリーのスマートフォン「 arrows...
Huawei P9 Lite 価格29800円で6月17日発売、SIMフリーの5.2型FHDミドルスペックスマホ
日本でも Huawei P9 Lite 発売、指紋認証センサー搭載 ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリーのミド...
SIMフリースマホ「ZTE Blade V7 Lite」7月中旬発売、指紋認証搭載で21,800円
ZTE Blade V7 Lite 日本で発売 ZTEジャパン株式会社(ゼット ティー イー ジャパン)は、LTE対応のS...
ASUS ZenFone Goが日本で発売、5.5型・LTE対応で価格21384円【SIMフリー】
SIMフリースマートフォンASUS ZenFone Go (ZB551KL) 発売 台湾のメーカーASUS(エイスース...
ZTE BLADE E01発売、LTE対応、価格14800円のエントリースマホ 【SIMフリー】
格安SIMも使える「ZTE BLADE E01」発売 ZTEジャパン株式会社(ゼット ティー イー ジャパン)は、LTE対...
ASUS Japan LTE対応で通話可能な7インチタブレット「ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL) 」発売【SIMフリー】
LTE対応で通話可能な7インチタブレット「ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL) 」発売 台湾のメーカーAsus(エイス...

留守電などオプションも用意

オプション料金
1)留守番電話(月額300円)
2)割込通話(月額200円)
3)転送電話(無料)
4)国際電話(無料)
5)国際ローミング(無料)
6)フィルタリングアプリ i-フィルター(無料)

データ量追加購入
・データ量は0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)の追加購入が可能です。追加購入したデータの有効期限は購入した翌月の末日までとなります。
※データ量追加購入は月3回まで可能です。

LINEモバイルのAPNの設定

line-mobile-apn

※下記項目以外の入力は不要です。
名前 LINEモバイル
APN line.me
ユーザー名 line@line
パスワード line
認証タイプ PAPまたはCHAP

公式サイト
http://mobile.line.me/

関連記事

MVNOサービス「LINEモバイル」 9月5日に詳細発表、月500円で「LINE」使い放題サービスなど発表か
格安SIMサービス「LINEモバイル」 9月5日に詳細発表 LINE株式会社は、格安SIMサービス・MVNO(仮想移動体通...
LINE使い放題の「LINEモバイル」、今夏に開始、月額500円から
「LINE」「Facebook」「Twitter」が使い放題のサービス開始 LINE株式会社は、3月24日に開催された「L...
スポンサーリンク

フォローする

0