タイ旅行リピーターにオススメのインターネット通信無制限プラン、DTAC「Go No Limit」レビュー

スポンサーリンク

データ通信無制限のタイDTAC「Go No Limit」を試す

今回使ってみたのは、短期間滞在するタイ旅行リピーターに便利そうなプランで、タイのキャリアDTAC(ディータック)が今年2月に発表したデータ通信容量が無制限のスマホプラン「Go No Limit」です。

新規に49バーツのSIMカードを買って利用することも可能ですし、タイ旅行リピーターの方でDTAC旅行者用SIMカード(Happy Tourist SIMなど)を買って利用した事がある人は、そのSIMカードの有効期限内であれば現金をチャージ(TOP UP)することで再び利用することが可能です。

タイのプリペイドSIMのプランの多くは、通信容量が「何GB」で速度が「無制限」で通信容量を超えるとweb閲覧も困難なほど速度制限がされるというものですが、DTAC「Go No Limit」は、通信容量が「無制限」で速度上限が「256Kbps~4Mbps」というプランです。常に一定の速度で利用できます。

残りのインターネット通信量を気にして使うのは面倒という方に向いているプランです。

7日間無制限で速度上限が4Mbps、169バーツ(税込181バーツ 約590円)のプランを選びました。速度4MbpsはyoutubeのHD動画の閲覧が出来る速度です。無料通話やDTAC WiFiは付いていませんがDTAC同士の通話は無料になります。金額分をチャージ(TOP UP)して169バーツプランの場合「*104*78#」をダイヤルすれば利用開始できます。

DTACの店舗で現金をチャージした時やSIMカードを買ったついでに、プランの申し込みをやってもらうことも可能です。LINEとメールが出来れば充分という方は512Kbps、99バーツのプランでも問題ないと思います。

ちなみにポストペイSIM(旅行者は通常利用不可)の「Go No Limit」プランには、1999バーツで通信容量無制限、速度制限なし、wifiあり、電話を何時間でもかけ放題というプランもあります。

DTAC「Go No Limit」のスピードテスト

実際にスピードを計測してみた結果、3~5Mbpsが常にでていました。特に初速が速くバーストが掛かったような感じで10Mbpsくらい出てから4Mbpsぐらいに落ち着くといった感じでした。込み合う時間の夕方から夜にかけてもスピードは落ちません。また、バンコクだけでなく北タイやイサーンの辺鄙な地域で使いましたが、問題なく使うことができました。

テザリングを使ってノートパソコンでの使用も固定回線の様に速くはありませんがストレスなく使えて、HD画質なら止まることなくyoutube動画の視聴も可能です。関係ない話ですが、今回はスマートフォンの「Xiaomi Mi Max」でテザリングしてノートパソコンを使うというスタイルがほとんどだったのですが、Xiaomi Mi Maxのバッテリー持ちの良さが凄く良かった。

ダウンロードをずっと行うなど常識外れの使い方をすると制限される場合もある様ですが、自分の場合、一日当たり1~2GBのデータ通信をしましたが特に制限されることはありませんでした。TrueMove Hも似たようなプランがあるので後日使ってレポートしたいと思います。

公式サイト
https://www.dtac.co.th/go-no-limit/prepaid.html

関連記事

タイ AIS・DTAC・TrueのプリペイドSIM選定、WiFi事情、スマホの買い方ガイド、ネットする方法
タイ旅行や長期滞在する場合のスマートフォンやタブレットを使ったインターネット通信する方法や、AIS・DTAC・TrueMove Hな...
スポンサーリンク

フォローする

0