RAVPower 20100mAh USB-C PD対応 モバイルバッテリーのレビュー、ノートパソコン HP EliteBook Folio G1の充電可能

スポンサーリンク

RAVPower 20100mAh USB Type-C ハブ モバイルバッテリー(RP-PB059) レビュー

ノートパソコンHP EliteBook Folio G1の外出時の充電用に、RAVPowerのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応 20100mAhモバイルバッテリーを購入したので簡単にレビューします。

HP EliteBook Folio G1を購入した時は、モバイルバッテリーで充電できることが購入の理由の一つだったのですが、USB Type-C PD(Power Delivery)自体に対応している商品が少なくEliteBook Folio G1を充電できるモバイルバッテリーは無い状態でした。しかし最近になってようやくノートパソコンが充電できそうなモバイルバッテリーが出てきました。

当初、購入しようと思っていたのがXiaomiグループのモバイルバッテリー ZMI QB820 20000mAh(紫米10号)だったのですが、手軽に購入できそうな中華サイトは売り切れ状態で購入できなかったので、EliteBook Folio G1で充電できたと報告のあったRAVPowerのPower Delivery対応モバイルバッテリーを購入しました。

RAVPowerのPower Delivery対応モバイルバッテリーには20100mAhと26800mAhのモデルがありますが、重量が軽いであろう20100mAhモデルを選択。しかしAmazonの商品ページではサイズも重量(372g)も同じとなっています?

ちなみに、ZMIのバッテリーは海外のレビューでHP EliteBook Folio G1の仕様である12V/3Aにも対応していることが確認されています。(実際に充電できるかは不明)。メーカー直販サイト(日本からは購入不可)では約5000円(299CNP)、中華通販サイトでは9000円近い価格です。

ZMI QB820 20000mAh(紫米10号) http://www.zmifi.com/

写真はhttp://news.mydrivers.com/1/515/515170_all.htmより引用

RAVPower 20100mAh USB-C (RP-PB059) レビュー

少し重たい箱を開けると、モバイルバッテリー本体と説明書、収納ポーチ、ケーブルが3本も入っています。ケーブルはUSB Type-C PD対応のUSB Type-Cケーブル(110cm)とMicro USBケーブル(40cm・80cm)です。

写真はAnkerの7800mAhとの比較をしていますが、容量が大きい事もあり、かなり大型です。本体サイズは17.2 x 2 x 8 cm、重量は372gです。

本体の左下部分にボタンとバッテリー残量確認用の4段階のランプが付いています。ボタンを一度押すと残量確認、二度押すとハブ機能が使えます。

プラスチックの本体は手垢が付きやすいです。

出力のスペックは、2つあるiSmart 2.0 USBポートが5V/2.4A USB3.0対応、USB-Cポートが最大30W (5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A)です。本体には記載されていませんが、Amazonの商品ページには12V/2.4Aにも対応と記載されています。EliteBook Folio G1の仕様は12V/3A。

バッテリーへの充電は、USB-CポートとMicro USBポートから可能です。USB-Cポートは入出力可能。

付属のポーチはしっかりした造りですが、少し寸足らずな感じです。

付属のケーブルで充電可能です。但し、10回に1回くらいの割合で充電出来ないと表示されますが、違うポートに差しなおすと充電可能になります。

バッテリーをフル充電した状態でノートパソコンを立ち上げたまま約1時間充電してみましたが、30%ほど充電できました。バッテリーの残量表示は4段階ある内1つが減っただけです。HP EliteBook Folio G1なら2回くらい充電できそうな感じです。

商品ページに記載されている充電可能回数

Macbook Pro 2016 13in(touch bar無):約2.5回
Macbook Pro 2016 13in(touch bar有):約2.8回
Macbook Pro 2016 15in(touch bar有):約1.8回
Macbook 2016 12in:約2.3回
HUAWEI MateBook:約2.7回
HP Elite x2 1012:約2.5回
Switch:約2.8回

このバッテリーにはハブ機能が付いています。USBメモリと有線マウスを接続してみましたが問題なく利用できました。但し、USBに差し込んでからバッテリーのボタンをダブルクリックする必要があります。

スマートフォンとパソコンとiPad miniの3台同時充電も問題なく出来ました。ハブ機能でスマホのデータをモバイルバッテリーを介してノートパソコンに移すこともできます。

重いのが難点だけど満足できるバッテリー

USB Type-C端子で充電するHP EliteBook Folio G1を使いだしてから1年経って、ようやく当初考えていたモバイル充電環境になりました。RAVPower 20100mAh USB-C PD対応 モバイルバッテリーは、容量が大きいので重たいのは仕方ないですが、それ以外の部分は満足できる買い物でした。

Type-C 充電器 RAVPower 20100mAh USB-C USBハブ モバイルバッテリー MacBook/Zenbook/Matebook/スマホ など対応

新品価格
¥6,599から
(2017時点)

HP EliteBook Folio G1に充電が可能な社外品のXiaomi Mi USB-C Charger (45W)レビューです。

Xiaomi Mi USB-C Charger (45W) PD対応は、HP EliteBook Folio G1の充電が可能
XiaomiのPower Delivery対応USB Type-C充電器 12.5インチの「HP EliteBook Folio ...

関連記事

HooToo Type-C USBハブ HT-UC001 レビュー、ディスプレイ接続・SDカードリーダー・Power Delivery対応
ディスプレイ接続可能なUSBハブ「HooToo製 HT-UC001」 先日、私が購入したノートパソコンHP EliteBo...
HP EliteBook Folio G1 レビュー、12.5型で970gの軽量ノートパソコン、価格は109,800円から
ディスプレイサイズが12.5型で1kg以下の軽量モバイルノートパソコン「HP EliteBook Folio G1」を購入しました。12イン...
0