海外プリペイドSIM「DTAC SIM GO! Inter」レビュー、アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアなど23カ国で利用可能

スポンサーリンク

10日間使える海外旅行用SIM「DTAC SIM GO! Inter」レビュー

現在、タイでは海外旅行ブームでそれに対応するためにタイの大手キャリア3社は「海外旅行用プリペイドSIM」をそれぞれ発売しており、日本のAmazonでもワイズ・ソリューションズが輸入販売しています。

今回レビューするのは、タイの海外旅行用プリペイドSIMでは最後発での発売となったDTAC「SIM GO! Inter」です。最後発だけあって399バーツ(約1400円)の価格帯のSIMの中では最長の10日間の利用が可能です。

【Dtac】アジア・オーストラリア・ヨーロッパ プリペイドSIM 10日 4G・3Gデータ通信無制限

新品価格
¥1,580から
(2018/1/29 20:51時点)

DTAC SIM GO! Interの概要

「SIM GO! Inter」は、4GLTEによる高速通信が可能な海外ローミングSIMで、合計23カ国( 中国、 香港、 マカオ、台湾、 シンガポール、 マレーシア、 インドネシア、 ラオス、 ミャンマー、 カンボジア、 パキスタン、 バングラデシュ、スイス、イタリア、オーストリア、ハンガリー、ノルウェー、スウェーデン、ブルガリア、セルビア、モンテネグロ、オーストラリア、アメリカ)で利用可能で、通信容量は4GBで利用期間は10日間となっています。4GB分を超過後は、低速の128bpsに速度制限されます。

発売当初は日本でも利用可能でしたが、昨年末より日本はローミング対象外となっています。利用可能国と通信事業者は下記の通りです。変更になる可能性もあるため公式サイトでも確認してください。https://www.dtac.co.th/en/gointer/

中国 China Mobile
香港 Smartone
マカオ Hutchison
台湾 Chunghwa
シンガポール Starhub
マレーシア Digi
インドネシア XL
ラオス Unitel
ミャンマー Telenor
カンボジア Metfone
パキスタン Telenor
バングラデシュ Grameenphone
スイス Swisscom
イタリア Vodafone
オーストリア Hutchison
ハンガリー Telenor
ノルウェー Telenor
スウェーデン Telenor
ブルガリア Telenor
セルビア Telenor
モンテネグロ Telenor
オーストラリア Telstar
アメリカ T-mobile

DTAC SIM GO! Inter レビュー


今回は日本のアマゾンで購入したSIMカードのレビューです。タイで販売されているような専用のパッケージは無く、SIMカードと日本語の説明書と利用可能な国が書かれた紙だけが入っていました。


SIMカードはnanoSIM、MicroSIM、スタンダートSIMの3種類に対応した3IN1サイズなので、SIMフリーのスマホでもWiFiルーターでもSIMを入れることができます。


アンドロイドスマートフォンの場合は、SIMカード入れてから「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名(APN)」に進み、「DTAC Internet」を選択します。表示されない場合は同封の説明書の通りAPNを新たに設定します。


データローミングをONにします。

インターネットに接続されると大量のタイ語のショートメールが届きますが無視してOKです。英語にも切り替え可能ですが特に必要ないでしょう。ちなみに新たな国に入国する度にメールが届きます。


在庫の残り商品だったのか対象外の日本でも繋がりました。現在、販売されている分は日本では接続できないと思われます。通信業者はNTTドコモでした。


台湾では中華電信(Chunghwa Telecom)の4G LTEに接続されました。PINGは少し遅いですがスピードは充分出て問題なく使えます。使用しているスマートフォンはSIMフリーのXperia XZ1です。


シンガポールではStarhubに接続されました。スピードも充分です。


マレーシアのボルネオ島ではDigiに接続。


マレーシアのクアラルンプールで利用。時間帯が悪かったせいなのかスピードは少し遅い。

また、「SIM GO! Inter」は、タイ国内でも6時間データ無制限(最初の6時間のみ)の利用が可能となっているのが特長ですが、SIMを開通させてから6時間以上経っていたからせいか日本のアマゾンで購入したSIMではタイで利用できませんでした。タイで購入してタイで最初に開通させた場合はタイで利用かと思われます。

DTAC SIM GO! Inter まとめ

DTAC SIM GO! Interは、どの国でも快適に利用することが出来ました。タイのキャリアが出している海外旅行用プリペイドSIMは他に「AIS SIM2Fly」と「True TRAVEL SIM ASIA」がありますが、次回の旅行からは利用可能な日数の長く快適だった「DTAC SIM GO! Inter」を利用することになりそうです。

また、タイのキャリアが出している海外旅行用プリペイドSIMは、トップアップ(入金)すればタイ国内でも利用可能ですが、タイではSIMカードを購入時に個人情報の登録が義務化されているため、日本のアマゾンで購入した場合は使い終わったの再利用はやめておいた方が良いでしょう。

【Dtac】アジア・オーストラリア・ヨーロッパ プリペイドSIM 10日 4G・3Gデータ通信無制限

新品価格
¥1,580から
(2018/1/29 20:51時点)

他の海外プリペイドSIMもレビューしています。

タイAISの「AIS SIM2Fly」レビュー

タイTrueの「TRAVEL SIM ASIA」レビュー

中国や香港などアジア13カ国で使えるプリペイドSIM「True TRAVEL SIM ASIA」レビュー
海外旅行用プリペイドSIM「True TRAVEL SIM ASIA」 日本のAmazonでも購入可能な海外旅行用プリペイドSIM...

タイDTAC、23カ国で利用可能な海外プリペイドSIM「SIM GO! Inter」発売

タイDTAC、23カ国で利用可能な海外プリペイドSIM「SIM GO! Inter」発売
タイ経由の海外旅行で便利な「SIM GO! Inter」 タイのキャリア「DTAC」は、海外旅行用のプリペイドSIM「SIM GO...

0