楽天モバイル 高速通信データ容量を増量、高速通信・低速通信の切替も可能に

スポンサーリンク

楽天モバイル 高速通信データ容量を増量

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社は、4月より格安simサービスの「楽天モバイル」の高速通信データ容量を価格そのままで増量すると発表した。

rakuten-sim-316-1

増量に伴いプランの名称も変更され、「2.1GBパック」→「3.1GBパック」、「4GBパック」→「5GBパック」、「7GBパック」→「10GBパック」となる。べーシックプランは変わらずそのまま。

高速通信・低速通信の切替も可能に

「楽天モバイル」は今まで高速・低速の切り替えが出来ず、高速通信容量の制限が超過した時点で自動的に低速通信に切り替わっていたが、「楽天モバイル SIMアプリ」で切り替えが可能となる

rakuten-sim-316-2

関連記事
IIJmio、「IIJmio高速モバイル/Dサービス」の高速通信データ容量を増量、4月1日より
NifMo 期間限定で「スマホセットASUS ZenFone5」が1万円キャッシュバックとなるキャンペーン

公式サイト
http://www.fusioncom.co.jp/news/2015/20150316.html

スポンサーリンク

フォローする

0