タイのプリペイドSIMカード「my by CAT」を試す、月額330円でネット無制限の格安プランあり

スポンサーリンク

タイのプリペイドSIMカード「my by CAT」とは

mybycat-sim-thai-1

タイのCATテレコムが提供するモバイルインターネットサービス「my by CAT」のプリペイドSIMを購入しました。速度の上限ありになりますが、通信量が無制限で安いプランがあるので、実用に耐えるか試してみました。

「my by CAT」は、3G回線の周波数850MHz帯を利用したサービスで、プリペイドサービス・ポストペイサービスを提供しています。大手の携帯キャリアTrueとDTACは、CATテレコムの850MHz帯の回線を借用しているので、TrueとDTACが使えるスマートフォンなら「my by CAT」のsimを使うことが出来るということになります。

現地で売っているソニーやレノボのエントリークラスのスマートフォンは850MHz帯に対応していない場合も多いので注意が必要です。また、タイで販売しているzenfone2は、現在使うことが出来ないようですが、日本版のzenfone2は使用することが出来ます。

「my by CAT」simカードを使う方法

mybycat-sim-thai-2

タイではSIMカードは、コンビニ・露店・スーパー・空港等、色々な所で購入することが出来ますが、この「my by CAT」のmy SIM 3Gは、ほとんど見かけません。MBK(マーブンクロン)・パンティッププラザでも探すのは困難ですので、自分は、地下鉄MRTのサムヤン駅直結のショッピングモール内にあるCATテレコムの支店で69バーツで購入しました。

mybycat-sim-thai-3

simカードは、標準simサイズとマイクロsimサイズの両方に対応したタイプ。プリペイドなのでTOP UP(チャージ)する必要があります。コンビニのセブンイレブンでsimカードの種類と電話番号を言えば、その場でTOP UP(チャージ)することが出来ます、チャージするとショートメールでスマートフォンにチャージされたことを確認するメールがきます。

mybycat-sim-thai-4

プリペイドなのでコースを選んでダイヤルをする必要があります。通話が付いているプランや日本の格安simの様に何GB分か選んで高速通信出来るプラン等があるが、今回は速度に上限があるが無制限に通信できるプランにした。

気を付けなければならないのが、税金がかかるので99バーツのコースなら105.93バーツ、215バーツのコースなら230.05バーツ支払わなければならないことである。自分は99バーツのコースにするつもりで100バーツだけTOPUPして失敗した。再びチャージするのは面倒なので25バーツのコースを申し込んだ。

速度上限が、384kbpsで7日間25バーツのコースは、 *906*07# をダイヤル
速度上限が、384kbpsで1カ月99バーツのコースは、 *906*02# をダイヤル
速度上限が、512kbpsで1カ月215バーツのコースは、 *906*03# をダイヤル

384kbpsの速度がどれくらいかというと、回線が安定していれば最低画質のyoutubeが何とか見れる速度です。スマホでLINEやグーグルマップ、画像が少ないサイトを見るには充分な速度です。速度が遅いとはいえ、1カ月99バーツ(約330バーツ)はタイでも相当安いです。

mybycat-sim-thai-5

プランをダイヤルすると、すぐに開通したことを知らせるショートメールが送られてくる。今回は、スマートフォンのlumia435にsimを挿して使用しましたが、APNの設定等は何もしなくても自動で繋がりインターネット通信が可能となりました。

mybycat-sim-thai-6

スピードテストをしてみましたが、384kbps以上の速度が安定して計測されました。何日間もyoutube動画を最低画質で流しっぱなしにしています。trueやdtacの同じようなプランでは、7日間で1.2GB以上通信すると64kbpsに速度制限されますが、今のところ制限が掛る様子はありません。

公式サイト
http://www.mybycat.com/

スポンサーリンク

フォローする

0