海外でも使用可能な「Apple SIM」日本で発売、au の回線を利用で1GB 1500円

スポンサーリンク

海外でも使用可能な「Apple SIM」日本で発売

Apple-SIM

アップルの「Apple SIM」が日本でも11月17日より販売開始されました。価格は税抜きで600円。Apple SIMとは、1枚のsimで世界各国の携帯会社と契約しデータ通信が出来るサービスです。

日本ではKDDI、沖縄セルラーがパートナーとなり「LTEデータプリペイド」を提供、日本国内でauのモバイルネットワークによるデータ通信サービスを利用出来ます。料金は1GBごとに1,500円で月額基本使用料・契約事務手数料は不要です。

対応機種は、iPad Pro Wi-Fi + Cellularモデル、iPad Air 2 Wi-Fi + Cellularモデル、iPad mini 4 Wi-Fi + CellularモデルおよびiPad mini 3 Wi-Fi + Cellularモデルですが、NTTドコモ、ソフトバンクで買ったモデルは非対応となっているようです。

海外に行く機会が多い人には、SIMの差し替えをしなくてもデータ通信出来るのでたいへん便利です。iPad版LINEとなる「LINE for iPad」をインストールしておけば、原則的に1台の1アカウントが基本の「LINE」もアンドロイドスマートフォンとipad、iPhoneとipadといった具合に一つのアカウントを2台の端末で使用可能となるので、LINEがメインの人は色々と捗りそうです。

iPad上の操作だけで契約も出来る様です。出張や旅行の際もピンを持ち歩かなくても済みます。

海外旅行中にApple SIMを使えば、提携している通信事業者の携帯電話データプランをあなたのiPad上で選べます。Apple SIMは、iPadの一部のWi-Fi + Cellularモデルに対応しており、ほとんどのApple Storeの店舗でご要望に応じて購入できます。

公式サイト
http://www.apple.com/jp/ipad/apple-sim/
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2015/11/17/1454.html

スポンサーリンク

フォローする

0