「0SIM by So-net」(デジモノステーション)を「iPad mini 4 Wi-Fi+Cellular」でテスト【格安SIM】

スポンサーリンク

「0SIM by So-net」(デジモノステーション)を「iPad mini 4」で使って見た

0SIM-So-net-ipad-1

現在モバイル界隈で話題となっている雑誌「デジモノステーション」付録の毎月499MBまで無料で使える「0SIM (ゼロシム) by So-net」を入手したので「iPad mini 4 Wi-Fi+Cellular」(日本のアップルストアで購入したsimロックフリー)で接続してみました。
追記 : ソネットで正式にサービスが開始されました。
「0 SIM(ゼロシム)」 発表、月500MBまで無料、音声付きプランもあり【格安SIM】

雑誌「デジモノステーション」は、大人気で現在のところアマゾンやネットショップでも売り切れ状態で買う事は出来ません。本屋やコンビニなら、まだ在庫があるかもしれません。自分は郊外のファミリーマートで購入しました。

「0 SIM by So-net」は、nttドコモ回線を利用したMVNOサービスでSIMフリーのスマートフォンやiPhone、NTTドコモの端末で利用することができます。音声通話はなくインターネットネット通信のみです。

0SIM-So-net-ipad-2

このSIMが話題になっているのは、データ通信量が月に0~499MBの間なら0円無料であることです。メール確認くらいだけでよいのなら毎月無料で運用でき、固定費や初期費用もかかりません。

500MB以上つかうと通信量により月額料金が変動するプランで500~2047MBは100円から1599円、2048MB以上は1600円となり、月間のデータ利用量が5GBに達した場合、月末まで通信速度が制限されます。つまり支払額が1600円(税抜)以上になることはありません。

0SIM-So-net-ipad-3

雑誌の中にsimカードが同梱されているのですぐに開通させて使うことが出来ます。2016年2月24日までにアクティベーションさせる必要があります。

「0SIM by So-net」(ゼロシム)を「iPad mini 4」で開通させる

0SIM-So-net-ipad-4
付属のsimカードはnanosimなのでそのまま入れることが出来ます。

0SIM-So-net-ipad-5
雑誌に記載されているAPNを記載します。パスワードは「nuro」です。APNは最初に設定しておく必要があります。

0SIM-So-net-ipad-6
プラウザを立ち上げると自動で登録画面になります。上手くいかない場合は雑誌に記載されているアドレスを入力してもOKです。登録にはクレジットカード番号が必要になります。

0SIM-So-net-ipad-7
登録を完了すると、すぐにインターネット接続可能となります。

0SIM-So-net-ipad-8
スピードテストをしてみました。電波状態の悪い所なためかLTE接続できずに、あまり速度は出ませんでした。後日、電波状態の良い所でテストしてみたいと思います。

0SIM-So-net-ipad-9
webサイトで現在のデータ使用量を確認することができます。上記の画像は設定直後に確認したのでまだ使用量は記載されていません。

「0 SIM by So-net」まとめ

毎月499MBまで無料で使えるということで、使い方によってはたいへんお得な格安simとなっています。特にタブレット端末には最適で普段は自宅や会社でwifi運用して、たまに外出先で使うという人にはぴったりです。メールやgoogleマップを使うくらいなら500MBで余裕でおさまると思います。現在、雑誌は品薄で特にネットでは入手困難な様ですが、かなり話題になっているのでソネットでも普通に販売されることを期待しています。

アマゾンや楽天でも販売されていますが値段は急騰しています。

デジモノステーション 2016年 02月号 雑誌

スポンサーリンク

フォローする

0