ファブレット「MADOSMA Q601」発売、6型FHDのWin10 Mobile機、価格は49800円、コンティニュアム対応【SIMフリー】

株式会社マウスコンピューターは、Windows 10 Mobile搭載のsimロックフリーのファブレット「MADOSMA(マドスマ) Q601」をバルセロナで開催される世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress (MWC) 2016」で発表しました。

追記 7月21日 : 2016年7月28日に発売、各量販店・通販サイトで販売され価格は 49,800円(税込)となる。

スポンサーリンク

6インチディスプレイの高性能ファブレット

MADOSMA-Q601-c

「MADOSMA Q601」は、6インチFHD(1920×1080)ディスプレイ、CPUはSnapdragon 617 (MSM8952) オクタコア、RAM3GB、ストレージ容量は32GB、メインカメラ は1300万画素カメラ搭載の高性能なWindows 10 Mobileファブレットです。

Continuum(コンティニュアム)にも対応

現行機種のMADOSMA Q501Aの上位機種となる「MADOSMA Q601」は、ファブレットサイズとなる6インチディスプレイを搭載し、Windows 10 Mobile機の中でも高性能な機種だけに搭載されるContinuum(コンティニュアム)にも対応しているようです。

MADOSMA-Q601-a

simフリーで格安SIMの利用も可能

SIMスロットはデュアルSIM(1スロットはMicroSDと共用)となっており、周波数バンドはNTTドコモとソフトバンクに対応しているのでMVNOサービス(格安SIM)でも利用可能となっている。

MADOSMA-Q601-b

MADOSMA Q601の価格、発売日

販売価格、販売時期、販売チャネル等は、現在の未定で、メーカーは後日改めて発表するとしている。また、開発中の製品のため、仕様が変更される場合の可能性もあります。

2016年7月28日に発売、各量販店・通販サイトで販売され価格は 49,800円(税込)となる。

4月頃には、同じスナドラ617搭載の5.5インチスマートフォン「VAIO Phone Biz」、夏ごろにはスナドラ820の6インチファブレット「HP Elite x3」の日本での発売も予定されており、Windows 10 Mobile搭載端末がエントリー機種だけでなく高性能機も、にぎやかになってきました。

マウスコンピューター 「MADOSMA(マドスマ) Q601」 スペック

CPU : Snapdragon 617 (MSM8952) オクタコア 1.5GHz
ディスプレイ : 6インチ FHD 1920×1080  2.5Dガラス (Gorilla Glass3) JDI 製
RAM容量 : 3GB
ストレージ : 32GB(MicroSD対応upto128GB)
メインカメラ : 1300万画素 F2.0
前面カメラ : 200万画素 F2.4
OS : Windows 10 Mobile
サイズ: 160 × 82.3 × 7.9 mm
重量 : 176g
バッテリー : 3900mAp
WiFi : IEEE 802.11 ac/a/b/g/n (5/2.4GHz)
Bluetooth : V4.0
カラー : シルバー
SIMスロット : デュアルSIM (MicroSIM+Nano SIM),NanoSIM アダプター付属
その他 : USB 2.0 Type-C,NFC,QC2.0(急速充電対応)
ネットワーク :
2G Quad Band
3G WCDMA BAND 1/6/8/19
4G/LTE FDD-LTE 1/2/3/4/7/8/28(B) TDD-LTE : 38/40/41

公式サイト
http://www.mouse-jp.co.jp/phone/madosma/q601/
http://www.mouse-jp.co.jp/company/news/2016/news_20160721_01.html

関連記事
Windows 10 Mobile搭載の「MADOSMA(マドスマ) 」12月4日に発売、価格は26800円から
SIMフリーのWinスマホ「VAIO Phone Biz」発表、価格5万円台、4月発売

0