格安SIM 通話定額・かけ放題のMVNOサービスの料金比較

スポンサーリンク

格安SIM各社の通話重視プランを紹介

格安simは、データ通信の容量や価格が注目されがちですが、一定時間以上、通話する人が通常の格安simのプランを利用すると通話定額プランが強制加入となるNTTドコモ、ソフトバンク、auのキャリアより高くなってしまう場合があります。

 

格安simで通話料金を下げたい場合は、ip通話や楽天モバイルやiijみおふぉん等で提供されているようなアプリを利用する方法があるが、普通の通話と切り替えるのも不便ですし、スマホの操作に疎い家族に持たせる場合、説明しても使いこなせない可能性もあります。キャリアと同じ通話の仕方、通話品質であるのが望ましいですよね。

 

インターネット通信料金の値下げ競争が目立っていたMVNO各社も、最近、通話重視のプランを導入するところも出てきました。そこで、ある程度、通話もするよという人向けのプランを紹介します。

 

楽天モバイル「5分かけ放題オプション」

rakuten-denwa

通常の月額料金に850円をプラスするだけで、5分未満の通話が何回でも無制限で利用することができる。電話では要件だけ話すことが多い人にはぴったりです。また長電話となった場合も10円/30秒の通話料金で済む。格安simの通常の通話料金は20円/30秒である。

NTTドコモの料金と比較すると、同じ様な通話無制限プランであるカケホーダイライト1700円+ネット接続料300円+パケット通信料(データSパック2GB)3500円で合計5500円、楽天モバイルの通話SIM ベーシックプラン(通信無制限だが200kbpsの低速)1250円+5分かけ放題オプション850円で合計2100円と半分以下の料金となります。

また、高速でインターネットしたい人は、通話SIM 3.1GBプラン1600円でも、合計2450円とドコモよりも通信容量は多く、値段も半分以下となります。

楽天モバイルの詳細はコチラから

楽天モバイルは実店舗も拡大してきており、トラブルがあった時は、実際にスマートフォンを持って行って説明を受けたり、教えてもらったりも出来るので、スマホ関係が、よくわからない人にもオススメです。スマホ初心者で格安SIMでも通話も重視したい人には一番オススメのSIMです。

 

もしもシークス(エックスモバイル)の「かけたい放題プラン」

iPhoneのアウトレット品(白ロム)やBlackBerryの販売で話題の、もしもシークス(エックスモバイル)もかけ放題プランを用意している。基本料金980円で通信量500MB/月が利用可能なプラン+5分未満なら無制限の「かけたい放題」850円を組み合わせると月額1850円と最安となる。通話無制限の「かけたい放題フル」1800円と組み合わせると合計2780円となる。

 

しかし、会社の知名度や信用度(ベンチャー企業)、よく変わる料金プランなど、通話メインで使うには少し不安な会社で、一般の人には、あまりオススメできない。また、格安SIMサービスの音声プランに共通することだが、音声プランの場合、最低利用期間は1年間で、サービスが良くないから他の会社に1年以内に変更した場合は違約金を支払わなければならない。

 

BIGLOBE SIMの「BIGLOBEでんわ 通話パック60」

BIGLOBE-denwa-60

BIGLOBE SIMにも通話無制限では無いが、1200円分(通話60分)の通話が650円になるオプション「通話パック60」が用意されている。1200円分を超過した場合も、10円/30秒の通話料金で通常料金より安い価格設定となっている。

音声通話スタートプラン1GB 1400円と組み合わせると合計で2050円、一番人気のライトSプラン6GB 2150円と組み合わせると合計2800円となる。1回あたりの通話時間が決められていないので、たまに少し長目の電話をすると言う人には使いやすいプランである。

BIGLOBE SIMの詳細はコチラから現在キャンペーン中

また、2016年5月31日までに 一番人気のライトSプラン6GBまたは12ギガプランを選択して、申し込むと月額料金が 最大3カ月間、無料で使えるキャンペーン中です。ライトSプラン6GB・12ギガプランには、カフェやコンビニ、空港など全国8万カ所のWiFiスポットが利用できる「BIGLOBE Wi-Fi」も使えます。