Apple iPhone 6s の内部写真リーク、QualcommのMDM9635M搭載、1200万画素カメラ搭載

スポンサーリンク

Apple iPhone 6s の内部写真リーク、QualcommのMDM9635M搭載

iPhone-6S-L0702-1

 

海外のウェブサイトで、今年9月頃に発表されると予想される「iPhone 6s」の内部部品の写真がリークされています。

 

写真には、QualcommのMDM9635Mが搭載されていることが確認できます。LTE Cat.6 に対応し、下り300Mbps/上り50MbpsのLTE通信が可能となります。また噂されていたデュアルカメラの搭載はなさそうです。

 

iPhone-6S-L0702-2

 

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」は、今年9月の発売に向けて、もう生産開始しているとされており、具体的なスペックのリーク情報が増えてきました。これまでリークされてきた内容をまとめると

・ディスプレイサイズは「iPhone 6s」は4.7インチ、「iPhone 6s Plus」は5.5インチで現行機種と同じ。
・「MacBook」にも搭載されている感圧タッチセンサー「Force Touch」が実装される。
・LTE Cat.6に対応。現行機種の150Mbpsから300MbpsにLTE通信速度がアップする。
・新色のピンク(ローズゴールド)が加わる。
・RAMは、現行機種の1GBから2GBとなる。
・iPhone6sでは無くiPhone7になる可能性もある。
・外観はほぼ同じ、重量は少し軽くなる。
・4インチのディスプレイサイズのiPhoneも発表されるかも。
・1200万画素のカメラを搭載。

 

iPhone-6S-L0702-3

 

出典
http://9to5mac.com/
http://www.gsmarena.com/

 

関連記事

「iPhone 6」発表、4.7インチで9月19日にSIMフリー端末発売、値段は67800円(税別)から