エッジディスプレイ搭載、Samsung Galaxy S6 edge+(PLUS)の実機写真リーク

スポンサーリンク

Samsung Galaxy S6 edge+(PLUS)の実機写真リーク

Galaxy-S6-Edge-Plus-L0722-1

8月に発表されると噂されているサムスンの両側エッジディスプレイ搭載「Galaxy S6 edge」の大型版である「Samsung Galaxy S6 edge+」の実機写真がリークされています。

Galaxy-S6-Edge-Plus-L0722-2

写真では、Galaxy S6 edgeとGalaxy S6 edge+が重ねて比較されていますが、デザインはほぼ同じで、大きさもそんなに違いは感じられません。

これまでリークされた情報をまとめると「Samsung Galaxy S6 edge+」は、5.5インチまたは5.7インチ(2560×1440)の両側エッジディスプレイ搭載(Galaxy S6 edgeは5.1インチディスプレイ)で、サイズは154.45×75.80×6.85mm、CPUはSnapdragon 808(Exynos 7420)、メインカメラは1600万画素カメラ、前面カメラは500万画素カメラ搭載の高性能なアンドロイドファブレットであると報じられています。

出典
http://www.nowhereelse.fr/samsung-galaxy-s6-edge-plus-photos-exemplaire-serie-108576/

関連記事
サムスン 5.5インチの「Galaxy S6 edge Plus」の画像及びスペック情報がリーク