ONYX BOOX Poke4 Lite 発表、6インチEinkディスプレイのAndroid端末

スポンサーリンク

海外で6インチEinkディスプレイのAndroid端末「ONYX BOOX Poke 4 Lite」発売

Onyx Internationalは、海外で6インチEinkディスプレイのAndroid電子ペーパー端末「ONYX BOOX Poke4 Lite」を発表しました。

 

ONYX BOOX Poke4 Lite は、6インチ(1024×758)Eink Carta Screen、CPUにクアッドコア、RAM2GB、ストレージ容量は16GBのアンドロイド端末です。

 

 

電子ペーパーのディスプレイやAndroid OS(GooglePlayあり)、スマホより軽い150グラムのメタルボディなどが特徴のモデルです。OSはAndroid 11、カメラやイヤホンジャックはなし、接続端子はUSB Type-Cです。

 

 

ONYX BOOX Poke4 Lite の発売日、価格

本体カラーはブラックとホワイトの2色。2022年6月に海外で発売、価格は149.99ドル(約2.1万円)となっています。また中国ではBOOX Poke4Sの製品名で販売中です。

 

 

追記 日本国内でも発売、22,800円

専用端末となる電子書籍リーダーで苦労はしていませんか?BOOX Poke4 Liteはサードパーティのアプリをインストール可能。KindleやKoboなどでもお使いいただけます。DropboxやGoogleDriveからPDFをダウンロードすることもできます。

もしもあなたが音楽やポッドキャストやaudibleで電子書籍を聴きたいとき、BOOX Poke4 liteはその願いを叶えてくれます。Bluetooth経由でワイヤレスイヤフォンと接続すれば、自宅や職場、屋内や屋外に関わらず、どこでも楽しむことができます。

ニュースリリースより引用

 

ONYX Internatinalの正規代理店であるSKT株式会社が2022年6月20日(ホワイトは7月前半予定)に国内発売、Amazonでの価格は22,800円、ケースは5,800円。

 

 

 

ONYX BOOX Poke4 Lite/ONYX BOOX Poke4S のスペック、仕様

CPU : クアッドコア
GPU :
ディスプレイ : 6インチ 1024×758 (212 dpi) 4:3 , Eink Carta Screen with bezel panel
RAM容量 : 2GB LPDDR4X
ストレージ : 16GB eMMC(実質的に使用できるのは7GB)
メインカメラ : –
前面カメラ : –
OS : Android 11
サイズ : 153.0 × 107.0 × 7.1 mm
重量 : 150g
バッテリー : 1500mAh
WiFi : 802.11 b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz
Bluetooth : v5.0
防水防塵 : なし
接続端子 : USB Type-C
イヤホン端子 : なし
認証方式 :
カラー : Black Edition , White Edition
その他 : OTG
ネットワーク : WiFi

 

公式サイト
https://shop.boox.com/products/poke4lite
https://zh.boox.com/poke4s

 

関連記事

170グラムの7型Eink Androidタブレット「ONYX BOOX Leaf」発表
海外で7インチEinkディスプレイのAndroidタブレット「ONYX BOOX Leaf」発売 Onyx Internationalは、海外で7インチEinkディスプレイのAndroidタブレット「ONYX BOOX Leaf」...
ONYX BOOX Nova3 Color 発表、7.8型カラーEinkディスプレイのタブレット
海外でカラー電子ペーパーディスプレイの「ONYX BOOX Nova 3 Color」発表 Onyx Internationalは、7.8型カラーEinkディスプレイのAndroidタブレット「ONYX BOOX Nova 3 C...