Kindle Scribe (キンドル スクライブ)発表、ペン入力可能な10.2インチ電子書籍リーダー

スポンサーリンク

Amazon Kindleシリーズ新機種「Kindle Scribe」発売

Amazon.co.jpは、スタイラスペンによる手書き入力可能な10.2インチの電子書籍リーダー「Kindle Scribe (キンドル スクライブ)」を発表しました。2022年9月29日より販売し年内出荷予定です。

 

 

Kindleシリーズ初の手書き入力可能なデバイスで、充電不要でマグネットで着脱可能な「スタンダードペン」「プレミアムペン(消しゴム機能・ショートカットボタン)」が同梱します。

Kindle Scribe (キンドル スクライブ) は、ディスプレイサイズは10.2インチ反射抑制スクリーン(解像度300ppi 16階調グレースケール,フロントライト)、ストレージは16GB/32GB/64GBのスタイラスペンによる手書き入力可能な電子書籍リーダーです。本体重量は433グラム、WiFi対応で充電端子はUSB Type-Cです。

 

 

・Kindleストアの書籍コンテンツが、手書きの付箋機能に対応。お気に入りの本に、プレミアムペンを使って書き込みをしましょう。書き留めた付箋は自動的に保存され、書籍ごとに閲覧して読み返したり、Eメール経由でエクスポートしたりすることができます。
・書籍以外の文書ファイルも本体にインポート可能。PDFファイルにメモを書き込んだり、Microsoft Wordなどの文書に付箋を追加したりすることができます。取り込んだ文書とメモも、Eメール経由でエクスポートできます。

公式サイトより引用

 

 

Kindle Scribeの価格

カラーはタングステンの1色。2022年9月29日より予約開始、年内出荷予定 2022年11月30日発売で、価格はスタンダードペン付きの16GBが47,980円、プレミアムペン付きの16GBが51,980円、32GBが54,980円、64GBが59,980円となっています。また別売りでファブリックカバー、レザーカバー、プレミアムレザーカバーの3種類の専用カバーも9,980円~で発売します。

 

 

Kindle Scribe (キンドル スクライブ)のスペック、仕様

ディスプレイ : 10.2インチ反射抑制スクリーン , 解像度300ppi , 16階調グレースケール , フロントライト LED35個
ストレージ : 16GB/32GB/64GB
サイズ : 230.0×196.0×5.8mm
重量 : 433g(スタンダードペン 14g)
バッテリー :
読書 1回の充電で最大12週間利用可能 (明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)
手書き機能 1回の充電で最大3週間利用可能 (明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)
WiFi : 802.11b、802.11g、802.11n
接続端子 : USB Type-C(9W)
カラー : タングステン

 

ニュースリリース
https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Devices/2022/Kindle-Scribe/

 

関連記事

Kindle(第11世代)発表、USB Type-C充電の6インチ電子書籍リーダー 価格は10,980円から
ストレージ容量倍増の新Kindle、2022年10月12日発売 Amazon.co.jpは、USB Type-C接続となった6インチの電子書籍リーダー「Kindle(第11世代)」を2022年10月12日に発売します。 ...