ZTE BLADE E01 (イオンモバイル版)発表、RAM2GBに強化したオリジナルモデル

スポンサーリンク

イオンモバイル ZTE BLADE E01を発売

ZTE-BLADE-E01-2

NTTドコモ回線を利用したMVNO(格安SIM)「イオンモバイル」は、ZTE製の「ZTE BLADE E01 (イオンモバイル版)」を8月11日に発売すると発表した。

 

イオンモバイル版は、オリジナル版と比べてスペックが強化されており、RAM1GB→2GB、ストレージ容量は8GB→16GBとなっている。また、FMラジオ機能の追加もされている。

 

ZTE BLADE E01 (イオンモバイル版) は、5インチHD(1280×720)ディスプレイ、CPUは Mediatek MT6735P 1.0 GHzクアッドコア、RAM2GB、ストレージ容量は16GB、メインカメラは800万画素カメラ搭載のエントリークラスのアンドロイドスマートフォンとなっています。

 

価格はオリジナル版より3000円高い17,800円(税別)と安価な値段設定となっています。全国の「イオンモバイル」など444店舗やネットショップ「イオンデジタルワールド」で8月11日から販売される。

 

また、イオンモバイルは、月額料金1500円で、 専用アプリ「050IP電話」を使い、24時間、回数無制限、 かけ放題で音声電話をご利用できる「050かけ放題サービス」や、イオン独自の「いつでもズーム機能」を備えた富士通の「arrows M03」の販売開始する。

 

ZTE-BLADE-E01-aeon

ZTE BLADE E01 (イオンモバイル版)のスペック、仕様

CPU : Mediatek MT6735P 1.0 GHz クアッドコア
GPU : MaliT720MP1
ディスプレイ : 5インチ HD 1280 x 720 IPS
RAM容量 : 2GB
ストレージ : 16 GB(microSD対応upto32GB)
メインカメラ : 800万画素 デュアルLEDフラッシュ
前面カメラ : 500万画素
OS : Android 5.1
サイズ : 142.5 x 71 x 7.8 mm
重量 : 155g
バッテリー : 2200mAh
カラー :  ホワイト、ブラック
Wi-Fi :2.4GHz Wi-Fi 802.11b/g/n
Bluetooth : V4.0
センサー : 加速度センサー、コンパス、照度センサー、近接センサー
その他: LTE対応,デュアルSIM(nanoSIM)
ネットワーク :
FDD-LTE:2100MHz(B1)/1800MHz(B3)/900MHz(B8)/800MHz(B19)
HSPA/WCDMA:2100MHz(B1)/800MHz(B6)/900MHz(B8)/800MHz(B19)
GSM:1900MHz/1800MHz/900MHz/850MHz

 

出典
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000733.000007505.html

 

公式サイト
https://shop.aeondigitalworld.com/shop/c/ca116
http://www.ztemobile.jp/products/e01.html
http://www.zte.co.jp/press_center/news/ztejapan/201607/t20160725_15414.html
関連記事
https://phablet.jp/?p=11580