日本で販売される端末のSIMロック解除義務化が決定 、2015年5月1日以降に発売される端末

スポンサーリンク

SIMロック解除義務化

mic-logo

総務省は、「SIMロック解除に関するガイドライン」を改正し、2015年5月1日以降に日本で発売される端末のSIMロック解除義務化の決定 を発表した。

 

現在、一部の例外を除き、携帯各社で購入したスマートフォンは、購入した携帯会社のsimカードしか使えません。これはsimカードにロックをかけて利用客を囲い込むために携帯会社が行っています。

 

今回の改正では、総務省は、「利用者の求めに応じて迅速、容易かつ利用者の負担なく解除に応じることが適当」という方針を決定し、2015年5月1日以降に発売される端末は、一部の例外を除き、無償でSIMロック解除に対応することとしています。

 

これにより現在のNTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯各社が行っている、2年縛り等の複雑な料金体系が変化していくことが考えられます。

 

通信料金は今年、MVNO(仮想移動体通信事業者)による価格競争が激しくなり、通信料金もかなり安くわかりやすくなってきました。来年は、日本の大手メーカーがローエンドのsimロックフリー端末を日本で発売して、端末も安くなってほしいですね。

 

 

総務省 「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正
http://www.soumu.go.jp/