OPPO Japan、スマートフォン販売開始(2018年4月)に向けて人材募集

スポンサーリンク

OPPO、日本でスマートフォン発売


中国の大手スマホメーカーOPPOの日本法人であるOPPO Japanが、日本の求人サイトで人材を募集しています。

今回の求人では、2018年4月に日本でのスマートフォン販売開始に向けた人材を募集しています。大手通信キャリア3社に向けた営業を行うと書かれており、SIMフリーだけでなくキャリアから発売される可能性もあります。

OPPOは世界でも有数のスマホメーカーで、同社の売りであるセルフィー(自分撮り)に特化したスマートフォンを中心に中国・アジアで販売、グローバルNo.4です。

 

同社は中国の電気機器メーカーOPPOの日本法人として、2017年8月に立ち上がったスマートフォンを販売する企業です。最近、台湾での進出を果たし、2018年4月に日本とロシアで販売を開始する予定です。

具体的には大手通信キャリア3社の関係部署とのリレーションシップ構築、強化を行って頂きます。様々な関係部門と密接に関わり、その情報に基づいて適切なサービスソリューションを提供し、プロジェクト等を確実に遂行できるように社内の関係部署と連携を取ります。

「転職ならDODA(デューダ)」より引用

 

OPPOのスマートフォンは、特別にハイスペックでもなく価格が安いわけでも無いですが、セルフィー(自分撮り)カメラの性能が他社端末と比べて高く人気があります。

また、サービスも良くアジア各国の携帯売り場を覗くと他社と比べて何倍もの人数の販売員が丁寧に接客してくれるのも人気の理由の一つです。そういう意味ではSIMフリーで販売して売りっぱなしになるよりも、様々な制約があり実現が難しいと思いますが大手キャリア3社から発売してサービスを手厚くして売りたいのかも知れませんね。

 


セルフィーカメラの良さをアピールする販売員(タイで撮影)。セルフィー棒やカバー、スーツケースなど10個以上のオマケが付くことも珍しくない。

 

出典
https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3002000595/

 

関連記事

OPPO R11s 発表、18:9の縦長6インチサイズ、デュアルカメラ搭載のミッドレンジ機
カメラ性能に特化したファブレット「OPPO R11s」中国で発表 中国のメーカーOPPOは、6型の縦長ディスプレイでデュアルカメラを搭載したスマートフォン「OPPO R11s」を発表しました。 追記 2018年1月22日...
OPPO R11s Plus 発表、6.43インチのファブレット、SDM660・RAM6GB搭載、価格は約6.4万円
ファブレット「OPPO R11s Plus」中国で発表、大型の6.43インチディスプレイ 中国のメーカーOPPOは、6.43インチディスプレイのファブレット「OPPO R11s Plus」を発表しました。 同時に発表...
OPPO F5 発表、6インチ縦長ディスプレイのファブレット、前面にAIカメラ搭載・RAM4GB/6GB、価格は約3.5万円
MediaTek Helio P23搭載「OPPO F5」発売 中国のメーカーOPPOは、6インチの縦長ディスプレイを搭載したスマートフォン(ファブレット)「OPPO F5」をフィリピンで発表しました。 アスペクト比...