au、BASIO3 (ベイシオ スリー)発表、京セラ製のシニア向けスマートフォン

スポンサーリンク

京セラ製シニア向けスマホ「BASIO3 (ベイシオ スリー)」

KDDI auは、京セラ株式会社製のシニア向けスマートフォン「BASIO3 (ベイシオ スリー)」を発表しました。

BASIO3 (ベイシオ スリー) は、5インチFHD(1920×1080)ディスプレイ、CPUはSnapdragon 430 MSM8937 1.4GHz オクタコア、RAM3GB、ストレージ容量は32GB、メインカメラは1300万画素カメラ搭載のアンドロイドスマートフォンとなっています。

防水防塵に対応しワンセグを搭載しています。おサイフケータイは非対応。

シニア、初心者向けの機能が充実

シニアの方やスマホを初めて使う人に向けたスマートフォンで様々な機能が搭載されている。

・インターネットがつながらない、画面が回転するといった「いつもどおり使えない」などのお困り事は、同梱されている「スマホの健康診断/かざして診断カード」に本体裏側のauマークをかざして解決。
・スライドカバーを開くだけで、すぐにカメラが起動できるので、シャッターチャンスを逃さない。
・スマホでできることや、便利な活用方法などを通販番組のように実演販売士がわかりやすく紹介する「使いこなし動画」をプリインストール。

BASIO3 (ベイシオ スリー) の発売日、価格

カラーはゴールド、ブルー、レッドの3色です。発売日は2018年1月下旬以降発売予定で、販売価格は49,680円(税込)です。

追記 2018年1月12日 : 発売日は2018年1月19日で、購入者向けに「auスマートサポート」の加入月の利用料金3,000円 (税抜) が無料になるキャンペーンを実施されます。

BASIO3 (ベイシオ スリー) KYV43スペック、仕様

CPU : Snapdragon 430 MSM8937 1.4GHz オクタコア
GPU : Adreno 505
ディスプレイ : 5インチ FHD 1920×1080 TFT
RAM容量 : 3GB
ストレージ :32GB(microSD対応upto256GB)
メインカメラ : 1300万画素
前面カメラ : 500万画素
OS : Android 7.1
サイズ : 144.0×71.0×9.9mm
重量 : 150g
バッテリー : 2940mAh
カラー : ゴールド、ブルー、レッド
Wi-Fi規格 : 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth : Ver.4.2
その他 : USB Type-C , 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP5X) ,au Nano IC Card 04、VoLTE、テザリング、赤外線通信、ワンセグ
ネットワーク : LTE・WiMAX 2+対応 受信最大 150Mbps

公式サイト
https://www.au.com/mobile/product/smartphone/basio3/
http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/kyv43/

関連記事

BASIO2 SHV36 発表、シニア向けスマホで背面のカバーでカメラ起動可能、8月上旬発売
シャープ製のBASIO2 SHV36発売、シニア向けスマートフォン KDDI auは、シニア向けスマートフォンでシャープ製の「...
au 京セラ製の「rafre KYV40 (ラフレ)」発表、泡で洗える防水・防塵対応の5型スマートフォン
洗えるスマホ「rafre KYV40 (ラフレ)」発表 KDDI auは、auオリジナルの京セラ製の5インチスマートフォン...
au シニア向けスマートフォン、京セラ製「 BASIO KYV32 」 発表
「 BASIO KYV32 」 発表 KDDI auは、2015年春モデル、auで初めてのシニア向けスマートフォン京セラ製...