郵便局で格安スマホが買える。日本郵便がMVNO事業に参入。 2015年度中

スポンサーリンク

日本郵便、格安スマートフォン事業開始

yubin

 

日本郵便が、全国に2万4000局ある郵便局で、2015年度中に格安スマートフォン事業を展開すると報じられています。

 

NTTドコモ、ソフトバンク、auの携帯通信回線を低価格で借り受け、仮想移動体通信事業者(MVNO)として事業を展開するようです。

 

高齢者もよく利用する窓口で、携帯端末やサービスを低価格で提供できるため、2014年9月末時点で792万件(全体の5%)にとどまっている、MVNOの普及がかなり進むことが考えられます。

 

これを機に、NTTドコモ、ソフトバンク、auの携帯各社の通信プランが、海外の事業者のようにもっと柔軟になるといいのですが、どうなんでしょうか。

 

日本郵政グループの日本郵便が、格安スマートフォン事業への参入を検討していることが28日、明らかになった。携帯大手から通信回線を借り受け、自社ブランドの端末やサービスを低価格で提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)として、2015年度中にも事業を始める。

出典 http://www.jiji.com/

 

関連記事
Nifty 格安simサービス 「 NifMO ニフモ 」を発表、ZenFone 5とセットで1997円から 
hi-ho、通話可能simと「 ZenFone 5 」のセットを月額2680円で提供、12月1日より