Google Pixel USB-C Earbuds イヤフォン レビュー

スポンサーリンク

Google Pixel 3が発表された日に、Google純正のイヤホン「Google Pixel USB-C Earbuds イヤフォン」が販売されていたので購入してみました。

Google Pixel USB-C Earbuds イヤフォン レビュー

10月10日に日本のGoogleストアで注文して16日に発送、19日に届きました。発送は香港からでインボイスは何故か通販サイトのエクスパンシス、代行してるのかな?

まともなUSB Type-c端子のイヤホンは種類も少ない上に結構な値段がしますが、Google純正ながら価格は3,456円(税込)と安い。たぶん最安値。

 


日本語の簡単な説明書が入っています。「Pixel 3」に同梱されているイヤホンとたぶん同じ物だと思います。

 


イヤホン部分の輪っかは、耳にフィットするように大きさの調節が可能です。

 


充電用のUSB Type-cケーブルよりも細く柔らかいので取り回しはしやすいが、コード根元部分はiPhoneのケーブルの様な被覆で断線しやすそう。長さは約1.1メートル。

リモコン部分は黒いボタンと音量大ボタン、音量小ボタン、マイクが付いています。

真ん中の黒いボタンは長押しで「Google アシスタント」が起動、普通に押すと音楽の停止再生、ダブルクリックで曲送りすることが出来ます。また「音量ボタンの大」長押しで「最新のメッセージ通知」を聞くことが出来ます。

 


重量は15gと軽い。

 


イヤホン部分とリモコン部分は10センチぐらいしか離れていないのでボタン操作は少ししずらい。

Android 8.0での動作


「Google アシスタント」の利用はAndroid 7.0 Nougat以上のバージョン、「メッセージ通知」と「リアルタイム翻訳」はAndroid 9 pieで利用可能です。

Android 8.0 OreoのXperiaで試したところ、「メッセージ通知」と「リアルタイム翻訳」は利用出来なかったですが「Google アシスタント」は利用可能でした。

音量ボタンはどのアプリでも利用OKで、Google Play、youtube、Xperia純正のmusicアプリは音楽の停止再生と曲送りが可能、SpotifyとAmazon musicアプリは停止再生のみ可能でした。

Android 9 pieでの動作


イヤホンを差し込むと案内が出ます。

Android 9 pieにアップデートしたNokia 7 plusで使ってみたところ、「Google アシスタント」と「リアルタイム翻訳」は使えたのですが「メッセージ通知」はやり方が悪いのか使うことが出来ませんでした。

 


googleの翻訳アプリを立ち上げて会話ボタンを押すと、右側の様な画面となります。イヤホンのマイクで話すと直ぐに翻訳して音声で話してくれました。

ノートパソコンでも使える


スマホだけでなく、私が使っているノートパソコン(HP EliteBook Folio G1)でも使えました。外出時もパソコン用に3.5mmジャックのイヤホンを別に持ち歩かなくてもGoogle Pixel USB-C Earbuds イヤフォンだけで済むのは良いですね。

音量ボタンも利用可能でGoogle Play music(web版chrome)は音楽の停止再生と曲送り、Spotify(Winアプリ)とAmazon music(Winアプリ)では音楽の停止再生操作も出来ました。

Bluetoothイヤホンは面倒だという人向けのイヤホン

最近のスマホは3.5インチのイヤホンジャックが付いていない機種も増えてきて、街中ではBluetooth(ブルートゥース)の無線イヤホンを使っている人を多く見かけるようになってきましたが、Bluetoothイヤホンは充電が面倒です。

このイヤホンは、USB type-c 3.5mmの変換アダプタを使用しなくてもいいし、充電もしなくてよいので本当に便利です。音質は普通の人なら音楽を聴くのにも問題が無いレベルだと思います。

Google Pixel USB-C Earbuds イヤフォンは価格3,456円、Googleストアで購入可能です。