自撮り棒にもなるミニ三脚「Ulanzi MT-08」

スポンサーリンク

伸縮可能な自撮り棒にもなるミニ三脚「Ulanzi MT-08」のレビュー


スマホでの動画撮影用に、伸縮可能な自撮り棒にもなる軽量コンパクトなミニ三脚「Ulanzi MT-08」とスマホホルダー「Ulanzi ST-07」を購入したので簡単に紹介します。

 


ミニ三脚「Ulanzi MT-08」とスマホホルダー「Ulanzi ST-07」は、AmazonやAliexpressなどで販売されています。今回はAliexpressで購入しました。

 


Ulanzi MT-08は値段が非常に安いミニ三脚(Amazonで2200円ぐらい)ですが、質感はまあまあ、三脚部分がプラスチックで少し頼りないですがスマホぐらいの重さなら問題はないです。三脚を閉じた状態で自撮り棒として使う場合も持ちやすいです。

スマホホルダー「Ulanzi ST-07」は下部と背面に三脚用のねじ穴、上部にはカメラのホットシューがありマイクらLEDライトなどアクセサリが付けられます。スマホを挟む方法はバネのクリップ式で、幅80ミリ弱ぐらいまではマウントすることが出来ます。(6.55インチのOnePlusは74.44mm、iPhone 11 Pro Maxは77.8mm)

 


ミニ三脚の重さは91グラム。三脚を閉じた状態での長さは15センチぐらい。

 


スマホホルダーと合わせても118グラムと軽いです。

 


4.7インチのiPhoneで使ってみました。安定しており少しぐらいの風なら大丈夫です。高さは地面からホルダーの下端まで13センチぐらいです。

 


伸ばした状態での高さは地面からホルダーの下端まで25センチぐらいです。200グラムぐらいの重めのスマホを載せても安定しています。

 


縦方向にすることもできます。

 


小さいミラーレスカメラにも使えますが、伸ばした状態では不安定です。

 


スマホホルダーの上部にはホットシューが付いているので、別途にマウントを用意すればLEDライトや外部マイク、フィールドレコーダーなどを載せることが出来ます。

AmazonやAliexpressなどで購入可能

Amazonや中華ECサイトAliexpressなどで購入可能です。Amazonではミニ三脚「Ulanzi MT-08」が2200円ぐらい、スマホホルダー「Ulanzi ST-07」が1200円ぐらいです。

今回はAliexpressで購入、セットで12.95ドル(約1400円)とかなり安いですが注文から到着まで20日かかりました。

 

 

関連記事

コンパクトなスマホ用3軸ジンバル「Snoppa M1」フォトレビュー
スマホ用のジンバル(スタビライザー)「Snoppa M1」のレビュー 海外旅行時の動画撮影用に、コンパクトで折り畳み可能なスマートフォン用の3軸ジンバ...