LINEMO(ラインモ)のeSIMを物理SIMに交換

スポンサーリンク

ソフトバンクLINEMOのSIMを交換しました

ソフトバンクの新プラン「LINEMO(ラインモ)」をeSIM(iPhone SE 第2世代)で使用していましたが他端末でも使いたいので物理SIMに交換しました。

 

チャットサポートで交換申込


2021年4月現在、物理SIMカードからeSIMへは変更不可ですが、eSIMから物理SIMへの交換は可能です。SIMカード交換の手続きはチャットサポートから行います。

https://www.linemo.jp/support/faq/view/27266

 


交換の申し込みは24時間ではなく、チャットサポートで9時から21時までの間だけとなっています。eSIMから物理SIMに交換したいことを伝えると本人認証へと進みます。本人認証は認証するLINEMOの電話番号とそれを利用している端末で行います。

 


携帯番号・指名・生年月日・支払い情報(クレジットカードの下4桁)を入力し本人認証をします。

本人認証後、SIMカードの送付先の住所と連絡先を入力。

 


チャット開始から20分ちょっとで手続き終了、次はSIMが到着してから開通の手続きをします。

 

申込の翌日にSIMカード到着


チャットではSIMカード到着は1週間ほどかかるとの事でしたが、翌日に届きました。SIMカードはLINEMOオリジナルではなくソフトバンク(n501)でした。

同封されている用紙に記載されているLINEMO申込窓口(通話料無料 受付時間 10時から19時)に電話連絡し、SIMカードの開通を行います。

電話では、納品書に記載されている「出荷伝票番号」または「受付番号」、SIMカードに記載されているUSIMカード製造番号(ICCID)、今回変更する「電話番号」、LINEMO契約時にメールで送られてくる「WEB受注番号 LW***」を伝えて本人の確認をし開通作業を行います。

 

電話後、3~4時間ほどすると圏外表示となるのでSIMカードを挿入します。

 


設定→モバイル通信→「モバイル通信プラン」からeSIMを削除、設定→一般→「プロファイル」からeSIMで使っていたAPN構成プロファイルも一旦削除しインストールし直しました。

iOSアップデートによりAPN構成プロファイルのインストールが不要になっています。

 


SIMカード開通しました。iPhoneの場合、通信会社の表示はLINEMOではなくSoftBankになります。

 


Androidスマートフォンに挿すとAPN一覧にLINEMOが表示されていなかったのでAndroidのAPN設定に記載されているAPN情報を入力して設定を行いました。

 


AndroidスマートフォンではLINEMOの表示となりました。

 

公式サイト
https://www.linemo.jp/

 

関連記事

LINEMOのeSIMを契約、iPhone SE(第2世代)で使ってみました
ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)、2021年3月17日よりサービス開始 ソフトバンクのオンライン専用ブランドLINEMO(ラインモ)は、2021年3月17日よりサービスを開始しました。 LINEMO(ラインモ)...
LINEMO(ラインモ)、ソフトバンクのオンライン新ブランド 2021年3月17日開始
月額料金2,480円のソフトバンク新ブランド「LINEMO(ラインモ)」 ソフトバンク株式会社は、オンライン専用の新ブランド「LINEMO(ラインモ)」を2021年3月17日に開始します。 先日発表した「SoftBank o...