旅行用トラベルシェーバー「BRAUN mini(ブラウン ミニ) M-1000」

スポンサーリンク

BRAUN mini M-1000 レビュー、旅行や出張に便利なモバイル電気シェーバー


旅行用トラベルシェーバーの定番である「BRAUN (ブラウン) M-90」後継モデルの「BRAUN mini(ブラウン ミニ) M-1000/M-1001」を購入したので簡単に紹介します。

 

BRAUN mini ブラウン ミニ M-1000 レビュー


充電がUSB Type-C端子ではなく専用充電器なのが残念ですが、長年愛用してきたシェーバーBRAUN M-90の後継モデルなので購入しました。型番はM-1000とM-1001がありますが製品自体は同じ、違いはAmazonで販売されているM-1001には掃除ブラシがつきます。

価格は2021年5月時点では5000円弱です。

 


小型シェーバーですが2枚刃を採用、完全防水で水洗いできます。フル充電で約40分駆動、5分充電するだけで一回のシェービングが可能です。

 


M-1000の付属品は専用充電器と説明書。M-1001には掃除ブラシがつきます。

 


密閉度高めの保護キャップなのでM-90と違い、ポーチや袋に入れなくてもそのままカバンに入れることができます。造りはしっかりしていますが保護キャップは傷つきやすそうです。

 


網刃とトリマー刃の2枚刃、刃自体がそれぞれ動き剃りやすくなっています。髭が薄めで細い私の場合はM-90と比べて若干ですが剃りやすい感じがします。

 


下部は専用充電器の差し込み口と充電時に点灯するライトがあります。充電残量が残り少なくなるとライトが点滅します。充電式なので充電しながら剃ることはできません。

 


側面には電源ボタンがあります。

 


刃を取り外して水洗い可能です。また、替刃(BRAUN mini F/C25B 2150円)も販売されています。

 


M-90より一回り小さくコンパクトです。

 


専用の充電器が必要ながらコンパクトなブラウン ミニと海外でも入手が容易な電池式のM-90では迷うところです。

 


重量はカタログ通り150グラムです。M-90は171グラム(エネループ2本含む)

 


専用の充電器(AC100V~240V , 7W , 12V 400mA)は独自の端子です。USB Type-C端子ではないのが残念です。

 


充電器は66グラム、本体と合わせて216グラムです。

 


旅行時の荷物を少なくするために、スマホ充電器と共用できる社外品USBケーブルを購入しました。バッテリーが完全に空になった状態からでも充電できました。故障した場合の保証はないので利用は自己責任になります。

アリエクスプレスで5ドルほどで販売されています。USB 12v Charge Cable Braun Shavers 7 W 5210 Charger adapte

楽天市場でも同じような商品が販売されていますが動作するかは不明です。楽天市場 ブラウン USB


社外品USBケーブルの重量は28グラム、本体と合わせて178グラムです。

 

まとめ

コンパクトで製品自体の造りが良く、旅行や出張など2台目の携帯用と考えれば充分な剃り具合、替刃も可能と良い製品です。ただ、専用充電器なのが残念な点です。

2021年5月現在の価格は5000円弱ぐらいです。

 

 

製品サイト
https://www.braun.jp/ja-jp/male-grooming/shavers-for-men/mini-shaver/mini-shaver-m-1000

 

関連記事

USB Type-Cで充電可能、電気シェーバー Xiaomi Zhibai SL2 を使ってみた
海外旅行に行くのが好きで、ガジェット類に限らず生活用品などを購入する場合にも旅行に持って行き易いかどうかを優先で考えて物を購入しています。 ひと昔前は重量が軽いかどうか現地で調達できる乾電池で駆動するかどうか等を考えていましたが、最近...