AIRSIM レビュー。海外100カ国で利用可能なプリペイドSIM

スポンサーリンク

海外プリペイドSIM「AIRSIM(エアシム)」レビュー

海外100カ国で使える海外プリペイドSIM「AIRSIM」を香港と中国・深センで利用してみたので簡単にレビューします。

AIRSIMの概要

「AIRSIM」は、海外100カ国以上でインターネット通信出来るプリペイド式の海外SIMで、SIMフリーのアンドロイドスマートフォンとiPhoneで利用することができます。料金も現地SIMと同じくらいの価格の場合も多く、使いこなせれば非常に便利なSIMです。

・100カ国以上で利用可能な海外プリペイドSIM
・香港のSIMカードだが日本のAmazonで購入可能。
・SIMフリーのiPhoneとアンドロイドスマホで利用可能。
・現地SIM並の価格でキャリアのローミングや海外レンタルWiFiと比べて安い。(香港3日3.99ドル、台湾3日4.99ドルなど)
・専用アプリが必要。
・使用開始、プラン開始するにはインターネットに接続が必要なので日本で準備が必要
・課金は1日単位から可能で、1日の利用可能容量は500MB、超過後は128kbpsに速度制限
・スマホが利用する国のバンドに対応しているか確認が必要。

AIRSIMの購入

香港の会社のSIMカードですが、日本のアマゾンでも購入可能です。SIMカードのみは500円、20ドルチャージ済のSIMは2500円です。

【世界102ヶ国】チャージ式SIMカード AIRSIM:チャージ金額0円【日本正規代理店 AIRSIMを始めよう】

新品価格
¥500から
(2018/11/3 17:53時点)

香港の公式サイト
https://www.airsim.com.hk/
日本代理店のブログ
https://airsim-hk.jp/category/how_to_use/

AIRSIM レビュー


Amazonでチャージ無しのタイプを購入しました。SIMカード、説明書だけでなくSIMピンとSIMカード入れも同封されていました。


SIMはマイクロSIM・ナノSIM・普通サイズのSIMの3種類のいずれの大きさでも可能なタイプです。SIMカードをスマホに入れて設定します。

アプリをインストールし設定する

AIRSIMを利用するには専用のアプリをインストールする必要があります。アンドロイドならPlayストア、iPhoneならApp StoreでAIRSIMを検索してインストールします。説明書のQRコードを読み込んでもOKです。


今回はアンドロイドスマートフォンで利用してみました。


カメラのマークを押してカードに有るバーコードを読み込むとICCDDが自動で入力されます。次に、Activation Code(カードに記載されている4桁の番号)、Email(メールアドレス)、Country(81 日本)、Contact(電話番号 今使っている携帯番号)を入力してSubmit.。


設定が済むとAccount Numberが表示されます。


次にSIMカードにTop up(入金)します。Paypalかクレジットカード(VISAかマスター)から入金可能で最低金額は20ドルからです。


次に利用する国を選びます。単独の国だけでなく複数の国で利用可能なComboプランも用意されています。今回は香港と中国に行く予定なのでComboプランを選びました。


使う日数と使い始める日にちを指定します。AIRTALKと書いてあるのは通話可能なプランですが今回は使いません。


購入したプランを確認します。日本でここまで作業しておきます。海外の空港に着いてからもインターネット環境があれば設定購入可能ですが、空港の無料WiFiはうまくつながらない事が多々あるので日本で設定しておきましょう。


現地に到着してから、モバイルデーター通信とローミングをONにすると自動で繋がります。香港ではローミングをONにして直ぐに繋がりました。機種によっては再起動したりAPNを入力したりする必要があります。

繋がらなかった時のために現地の代理店のページを保存しておくとよいでしょう。


左は香港、右は中国・深センでスピードテストした結果です。中国版の「honor Note 10」で利用したのでLTEバンドも問題なしだった為かどちらも非常に快適でした。

今回選んだComboプランでは香港から中国に移動した際も再設定や再起動などは必要なし、中国側でもLINE、グーグルマップ、ツイッターが普通に使えました。


容量の500MBを使いきったあとは速度制限がかかります。

AIRSIM を使ってみた感想

今回利用したAIRSIMは事前に準備が必要なのが面倒ですが、インターネットの速度も速く快適でした。アプリは英語のみですがわかりやすく、同様の商品である「変なSIM」よりも使いやすかったです。

海外旅行の際は「AIS SIM2Fly」を利用することが多いのですが、香港や中国に1日だけ立ち寄る場合は、AIRSIMの方が安上がりなので今後も利用していこうと思っています。

【世界102ヶ国】チャージ式SIMカード AIRSIM:チャージ金額0円【日本正規代理店 AIRSIMを始めよう】

新品価格
¥500から
(2018/11/3 17:53時点)

関連記事

海外WiFiレンタル レビュー、韓国でグローバルWiFiを使ってみた
海外旅行で海外WiFiレンタルのサービスを利用してみたので簡単に紹介します。 普段は長期の海外旅行、何カ国も周る旅行が多いので現地のS...
変なSIM レビュー、75の国と地域で使える海外SIM
海外旅行や出張で使えるH.I.S.モバイルの海外専用SIM「変なSIM」をアンドロイドOSのSIMフリースマホで使ってみたので簡単なレビュー...
中国や香港などアジア13カ国で使えるプリペイドSIM「True TRAVEL SIM ASIA」レビュー
海外旅行用プリペイドSIM「True TRAVEL SIM ASIA」 日本のAmazonでも購入可能な海外旅行用プリペイドSIM...