Anker PowerCore III Fusion 5000 簡易レビュー

スポンサーリンク

1台2役のハイブリット一体型「Anker PowerCore III Fusion 5000」


Anker(アンカー) の5,000mAhバッテリー+USB充電器の一体型「Anker PowerCore III Fusion 5000」を購入したので簡単にレビューします。

品薄状態が続いたモバイルバッテリーとUSB充電器の一体型「Anker PowerCore Fusion 5000」の後継モデルで、接続端子がMicro USBからUSB Type-Cになっています。

Anker PowerCore III Fusion 5000 開封レビュー

本体の他に付属するのは少し大きめのトラベルポーチと説明書、保証書です。コードは入っていません。

 


ポータブルバッテリーとコンセント充電器の1台2役が特長です。USB Type-Cポート (5V=3A, 9V=2A)とUSB-Aポート(5V=2.4A)の2ポート仕様でスマホ2台同時に充電できます。上部のボタンを押すとLEDでバッテリー残量を確認できます。

USB Type-Cポートは出力専用でAnker PowerCore III Fusion 5000自体を充電することが出来ないのは少し不便。

 


プラグは折り畳み式です。

 


USB Type-Cポート単独は18W充電、2台同時に充電する場合は最大15Wです。Anker独自のPowerIQ 3.0 (Gen2)、USB Power Delivery互換でQualcomm Quick Chargeに対応しています。

バッテリー容量は4850mAhでiPhone11なら1.5回、iPhone SEなら2回ぐらい満充電可能な容量。

入力:100 – 240V〜0.6A 50 – 60Hz
USB-A 出力:5V=2.4A
USB-C 出力:5V=3A, 9V=2A (USB-Cポートは出力専用です)
2ポート合計最大出力:15W
容量:4850mAh

 


公式の重量は約176グラムですが実測は180グラムでした。スマホ(iPhone11 194グラム)や容量10000mAhのモバイルバッテリーと同じくらいの重量です。

 


サイズは約78 x 71.5 x 30mmです。iPhone純正の充電器、RAVPOWERの10000mAhモバイルバッテリー、同じモバイルバッテリーと充電器一体型のZMI APB01との大きさ比較。

 


手に持つと重たくはないですが、少し存在感のある大きさかなとは感じます。

 


モバイルバッテリーとしてPower Delivery対応スマホに充電してみました。左側画像がUSB Type-Cポート、右側画像がUSB-Aポートで充電した時の値です。2台同時に充電した場合はUSB Type-Cポートの充電速度が下がり1400mAぐらいでした。

 

コンセントに挿してに充電、左側画像がUSB Type-Cポート、右側画像がUSB-Aポートで充電した時の値です。

 


今回、Anker PowerCore III Fusion 5000を購入したのは18WPD充電にも対応しているタブレットPC マイクロソフト Surface Go 2と一緒の持ち歩ければ便利と思って買ったのですが、充電出来たり出来なかったりと不安定でイマイチです。スリープ状態にすると安定して充電出来たりするのですが、よくわかりません。コンセントに挿して使ったみたりUSB Type-Cケーブルを何種類か試してみましたが同じです。

iPhone SE(第2世代)やAndroidスマホは問題なく高速充電可能でした。

Anker PowerCore III Fusion 5000 の概要

・ポータブルバッテリーとコンセント充電器の1台2役
・従来モデルのmicroUSBポートからUSB Type-Cポートに
・最大18Wのフル充電によりiPhone 11を30分で最大50%まで充電可能
・USB Type-Cポート×1 (5V=3A, 9V=2A)とUSB-Aポート×1(5V=2.4A)の2台同時充電可能
・USB Type-Cポート単独は18W充電、2台同時は最大15W
・Anker独自のPowerIQ 3.0 (Gen2)、USB Power Delivery互換でQualcomm Quick Chargeに対応
・USB Type-Cポートは出力専用

 

カラーはホワイトの1色です。Amazonで販売、価格は3,590円。(2020年7月12日現在 在庫切れ)

 

関連記事

Anker、USB Type-C充電器とモバイルバッテリーの一体型モデル 「Anker PowerCore III Fusion 5000」
1台2役のAnker PowerCore III Fusion 5000 販売開始 モバイルバッテリーの定番メーカーであるAnker(アンカー) は、...
HUAWEI 12000 PD40W SuperCharge Power Bank 簡易レビュー
225グラム軽量のノートパソコンも充電可能なPD対応のモバイルバッテリー 中国のファーウェイショップでPower Delivery対応のモバイルバッテ...
ZMI APB01 レビュー、モバイルバッテリー搭載のUSB充電器
モバイルバッテリー付USB充電器「ZMI APB01」レビュー モバイルバッテリーと2ポートUSB急速充電器が一体となった「ZMI APB01 (ズー...