日本通信、月額1980円(データ16GB+通話70分)の「合理的20GBプラン(今は16GB)」発表

スポンサーリンク

MVNOの日本通信、ドコモ ahamo(アハモ)対抗の新プラン「SSDプラン」発表

日本通信株式会社は、ドコモ ahamo(アハモ)対抗、データ量16GB+通話70分/月で1,980円の新プラン「SSDプラン」(仮称)を発表しました。

 

追記 : 2020年12月10日に受付開始、プラン名は「SSDプラン(仮称)」から「合理的20GBプラン(今は16GB)」に変更

日本通信SIM 新プラン「SSDプラン」概要

・月額料金1980円(税別)で基本データ容量16GB+無料通話70分/月
・ドコモ新プラン開始日よりデータ容量を16GBから20GBに増量
・通話は専用アプリ不要
・16GB(20GB)を越えると1GB 250円で自動的に増量する「おかわり課金方式」(上限設定可能)
・2020年12月10日に提供開始予定

キャリアと日本通信SIM 「SSDプラン」比較

 

日本通信株式会社は、昨日ドコモが発表した新料金への対抗プランを新発売することを決定しました。新料金プラン(コードネーム:SSDプラン、以下、「SSDプラン」という)は、16GBのデータ量に70分/月の通話料金を含めて1,980円で、12月10日、木曜日に新発売します。SSDプランの16GBは、総務省が示すデータ使用量の分布によれば、85%の利用者をカバーできる容量となりますが、ドコモの新料金プランのサービス開始日から、20GBへ自動的に増量します。来春からデータ通信の接続料が引き下げになることを活用し、16GBから20GBヘ料金を変更せずに増量するという、当社ならではの「お客様にとっての合理性」を追求した料金プランです。

ニュースリリースより抜粋

 

公式サイト
https://www.nihontsushin.com/index.html

 

ニュースリリース「日本通信、ドコモの新料金への対抗プラン投入を決定
「MVNO潰し」ではないかと言われているドコモの新料金に対して
MVNOの代表として対抗プランを1,980円で投入」
https://www.j-com.co.jp/news/2005.html

 

関連記事

日本通信、健康管理アプリFiNC Plusがセットの「Wスマートプラン」提供開始
健康アプリサービスがセットの「Wスマートプラン」を提供開始 日本通信株式会社と健康アプリを提供するFiNC Technologiesは、オンライン健康...
日本通信「合理的かけほプラン」発表、音声定額とデータ3GBがセットで月額2480円
日本通信SIM「合理的かけほプラン」を2020年7月15日より開始 日本通信株式会社は、音声定額とデータ通信3GBがセットで月額2480円からの「合理...
ahamo(アハモ)発表、20GB・5分通話無料・超過後1Mbps・海外利用可・2980円 NTTドコモ新プラン
NTTドコモ、データ20GBで月額2,980円の新プラン「ahamo(アハモ)」発表 株式会社NTTドコモは、月間データ容量20GBを月額2,980円...
HISモバイル、月額1980円(20GB+70分通話)の格安弐拾(かくやすにじゅう)プラン
HISモバイルが新プラン「格安弐拾」を2021年2月10日15:00提供開始 HIS Mobile株式会社は、格安SIMサービス「HISモバイル」でデ...