iPhone SE(第2世代) で楽天モバイル(UN-LIMIT)の物理SIMを使う

スポンサーリンク

楽天モバイル(MNO 物理SIM)をiPhone SE(第2世代)で使ってみる

iPhone SE(第2世代) で、楽天モバイル(UN-LIMIT)の物理SIMを使ってみました。

2020年4月8日より携帯キャリア事業(MNO)の商用サービスを楽天モバイルの物理SIMを使ってみました。iPhoneは楽天モバイル(MNO)には正式には対応していません。iPhone SE(第2世代)で利用するには制限が多くありますが、ネット通信やテザリングするのは使うことができます。

楽天モバイルの設定方法

iPhone SE(第2世代)は物理SIMとeSIMのデュアルSIMですが今回は物理SIMで利用します。SIMスロットの形状はnanoSIMです。

 

楽天モバイルのSIMを入れると設定なしでネット通信が可能になりました。しかしこのままでは電話やインターネット共有(テザリング)が出来ないのでAPNの設定をします。

設定→モバイル通信→モバイルデータ通信ネットワーク→「モバイル通信」と「インターネット共有」欄のAPNに「rakuten.jp」と記入

 

設定→モバイル通信→通話のオプション→音声通話データ→「LTE,VoLTEオン」にする。これでインターネット通信と通話機能を使うことが出来ます。インターネット共有(テザリング)をオンにすればWiFiルーター替わりに他の機器でもネットを使うことが出来ます。

 

auのローミングエリア(BAND18)でスピードテスト、左は通常時、右はデータ制限モード時のテスト結果です。

iPhone SE(第2世代)だけで利用するには制限あり

iPhoneは楽天モバイル(MNO)には正式には対応していません。iPhone SE(第2世代)だけでは制限あるので楽天モバイル(MNO)の良さを最大限に利用するのには正式対応しているAndroidスマホが必要です。

・料金無料で通話できるアプリ「Rakuten Link」のiOS版は無い、通話は有料となる。
・Rakuten Link認証すると貰える特典を受けることが出来ない。
・auのローミングエリア(BAND18)ではSMSの送受信が出来ない
・料金確認やデータ制限モードのオンオフ、データ量確認が出来る「my 楽天モバイル」のiOS版が無い

1年間は実質無料の楽天モバイルUN-LIMIT

サービスが始まったばかりなのでメイン回線として使うのはまだお勧めできませんが、実質1年間無料なこともあり、とりあえずサブ回線としてお勧めです。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の料金は300万名限定で1年間は無料、2年目からは月額2980円のワンプライスです。今の申し込みなら1年間無料、初期費用も実質無料です。

 

 

関連記事

iPhone SE レビュー
2020年4月24日に発売になったSIMフリー版iPhone SE (第2世代) 128GB ホワイトを購入したので簡単にレビューします。 i...
楽天モバイルの簡単なレビュー、対象外のSIMフリー AQUOS sense3でも開通
楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT (ラクテン アンリミット)」正式サービス開始 楽天モバイル株式会社は、2020年4月8日より携帯キャリ...
iPhone SE(2020 第2世代) のAntutuベンチマークとGeekbench 5のスコア
新しいiPhone SE(2020 第2世代)の各種ベンチマークの結果 2020年4月24日に発売したSIMフリー版Apple「iPhone SE (...
iPhone SE (第2世代) 発表、4.7インチ・Touch ID搭載、2020年4月24日発売で価格44,800円 (税別)から
Apple iPhone SE (2020)発表、Touch ID(指紋認証)に対応 Apple(アップル)は、4.7インチディスプレイの「iPhone ...
iPhone SE(2020) でIIJmioのeSIM「データプラン ゼロ」を使う
IIJmioのeSIMをiPhone SE(2020) で使う eSIMと物理SIMのデュアルSIM対応のiPhone SE(2020) で、IIJmio...
楽天モバイル(UN-LIMIT)の物理SIMをeSIMに変更する方法
楽天モバイル(MNO)の物理SIMプランをeSIMプランに変更する 楽天モバイル(UN-LIMIT)の物理SIMプランをeSIMプランに変更してみまし...