iPhone SE(2020) でIIJmioのeSIM「データプラン ゼロ」を使う

スポンサーリンク

IIJmioのeSIMをiPhone SE(2020) で使う


eSIMと物理SIMのデュアルSIM対応のiPhone SE(2020) で、IIJmio(アイアイジェイミオ)eSIMサービス「データプラン ゼロ」を使ってみました。

 

iPhone SE(2020) は通常のSIMだけでなくeSIMにも対応、契約してQRコードを読み込んでアクティベーションすれば利用できるようになります。eSIMを開通(再発行)させるには、eSIMに対応した端末とアクティベーションコード(QRコード)を表示させる別端末(スマホやパソコンなど)が必要となります。

 


IIJmioの公式サイトでも動作確認されています。eSIMサービス「データプラン ゼロ」はデータ通信のみのサービスで音声通話はできません。

eSIMを再発行する


今回は新規で申し込んで設定するのではなく、他のモデルで使用していたeSIMを再発行してiPhone SE(2020) で利用します。新規申し込みで利用した時はコチラに書いています。

IIJmioのeSIMサービス「データプラン ゼロ」(いいSIM)をRakuten Miniで使う

 


eSIMの再発行手数料は200円です。

 


申込してから10分ほどでメールが送られてくるので、そこの記載されているアドレスをクリック、別のスマホやパソコンでQRコードを表示させます。

iPhone SE(2020)でeSIMを設定する


設定→モバイル通信→モバイル通信プランを追加 で、QRコードを読み込むためのカメラを起動させます。

 


QRコードを読み込んでモバイル通信プランを追加します。

 


名称は仕事や旅行などに変更可能、今回は副回線とします。

 


Appに紐付けるかどうか選択します。モバイル通信データを電波状況により自動で切り替えるかなども選択できます。

 


そのままでもネット通信できますが、インターネット共有(テザリング)を利用するにはAPNを手動で入力する必要があります。

設定→モバイル通信→モバイルデータ通信プラン(今回の場合は副回線)→モバイルデータ通信ネットワーク→「モバイル通信」と「インターネット共有」欄にAPN・ユーザー名・パスワードを記入

APN: iijmio.jp
ユーザー名: mio@iij
パスワード: iij

 


主回線、副回線のアンテナピクトが表示されます。

 


IIJmio eSIMでスピードテスト。速度はそこそこ出ます。

 IIJmioのeSIMサービス「データプラン ゼロ」はネットから申し込み可能

・月額料金は150円/月 (データ量0GB)
・追加データ量、最初の1GBは300円(税抜)
・追加データ量、 2GBから10GBまでは450円
・初期費用は3000円(税抜)、SIM発行手数料 200円、SIM再発行手数料 0円

 

IIJmioのeSIMサービス「データプラン ゼロ」はネットから申し込み可能です。

 

関連記事

iPhone SE レビュー
2020年4月24日に発売になったSIMフリー版iPhone SE (第2世代) 128GB ホワイトを購入したので簡単にレビューします。 i...
IIJmioのeSIMサービス「データプラン ゼロ」(いいSIM)をRakuten Miniで使う
IIJmio eSIMサービスをRakuten Miniで使う方法 格安SIMのIIJmio(アイアイジェイミオ)が、eSIMサービス「データプラン ゼロ...
iPhone SE(第2世代) で楽天モバイル(UN-LIMIT)の物理SIMを使う
楽天モバイル(MNO 物理SIM)をiPhone SE(第2世代)で使ってみる iPhone SE(第2世代) で、楽天モバイル(UN-LIMIT)の物理SI...
iPhone SE (第2世代) 発表、4.7インチ・Touch ID搭載、2020年4月24日発売で価格44,800円 (税別)から
Apple iPhone SE (2020)発表、Touch ID(指紋認証)に対応 Apple(アップル)は、4.7インチディスプレイの「iPhone ...
eSIM初期費用0円のキャンペーン開始、IIJmioのeSIMサービス データプランゼロ
格安SIMサービスのIIJmio、「eSIM初期費用0円キャンペーン」開始 格安SIMサービスのIIJmio(アイアイジェイミオ)は、IIJmio e...