2.45インチでLTE対応のスマホ「Jelly」、Kickstarterに登場、価格59ドルから、日本でも販売

スポンサーリンク

超小型のLTEスマートフォン「Jelly / Jelly Pro」登場

クラウドファンディングサイトの「Kickstarter(キックスターター)」で、4G LTE対応で2.45インチサイズのディスプレイの小型スマートフォン「Jelly」と「Jelly Pro」がプロジェクトに登場しました。

2.4インチクラスの超小型スマホは過去にもありましたが、4G LTE対応の超小型スマホは初めてとなります。RAM1GB/8GBの「Jelly」とRAM2GB/16GBの「Jelly Pro」の2機種が用意され、最新OSのAndroid 7.0 Nougat、GPS、デュアルSIM、取り外し可能など小ささ以外は実用的なスマホとなっています。

追記5月19日: Unihertz社は日本の技適マークの認証を取得し、Jellyを日本で販売することを発表しました。

正規代理店(予定)はヴェルテ(株式会社ドゥモア)で価格はJellyが10,800円(税込送料込)2017年5月28日までの早割特価、2017年5月29日以降の通常は価格14,800円。Jelly Proは12,800円 2017年5月28日までの早割特価、5月29日以降の通常は価格16,800円です。

予約受付開始は2017年5月12日、出荷開始予定は2017年8月です。

中国Unihertz社は好調な滑り出しと日本からのバッカーの多さから、日本の技適マークの認証を取得することにいたしました。従来からCE、FCC、RoHSを取得する予定でしたが新たに日本の技適マークを取得いたします。

バンド
GSM 850(Band5)/900(Band8)/1800(Band3)/1900(Band2)MHz
WCDMA 850(Band5)/900(Band8)/1900(Band2)/2100(Band1)MHz
FDD-LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
TD-LTE Band40
適合認証 CE、FCC、RoHS、技適マーク(日本)

Jelly販売ページ(日本)  http://welte.jp/ca7/71/p-r-s/

Jelly / Jelly Pro は、2.45インチFWQVGA(432×240)ディスプレイ、CPUは 1.1GHz クアッドコア、RAM容量は1GB/2GB、ストレージ容量は8GB/16GB、メインカメラは800万画素カメラ搭載のエントリークラスのアンドロイドスマートフォンです。

Kickstarter(キックスターター)はクラウドファンディングによる資金調達が目的なので出資という形になっています。2017年8月に配送予定で価格はRAM1GB/8GBの「Jelly」が早期に出資で59ドル、通常が79ドル、RAM2GB/16GBの「Jelly Pro」が早期に出資で75ドル、通常が95ドルとなっています。

Unboxing The World’s Smallest 4G Smartphone

Jelly / Jelly Pro のスペック、仕様

CPU : 1.1GHz クアッドコア
ディスプレイ : 2.45インチ FWQVGA 432×240
RAM容量 : 1GB/2GB
ストレージ : 8GB/16GB(microSD対応upto32GB)
メインカメラ : 800万画素
前面カメラ : 200万画素
OS : Android 7.0 Nougat
サイズ : 93.2 x 43.0 x 13.3 mm
重量 : -g
バッテリー : 950mAh(取り外し可能)
Wi-Fi : 802.11b/g/n
Bluetooth : v4.0
色 : pearl white, speace black, sky blue
その他 : デュアルsim(nano sim) , GPS
ネットワーク : LTE 対応
GSM 850/900/1800/1900
WCDMA 850/900/1900/2100
FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
TD-LTE 40

公式サイト
https://www.kickstarter.com/projects/jellyphone/jelly-the-smallest-4g-smartphone
http://www.unihertz.com/

0